ダイエット

ダイエットの成功には運動と食事!そして、もうひとつとは!?

太っていて、体力が無かった為、運動をして体力をつけて、健康的な体になりたかった・・・

42歳女性
42歳女性
私のダイエット成功体験記です。

 

肥満で身体が重く、疲れやすい。仕事でも眠さやだるさで集中できない事があり非常につらかったです。 常に眠く、頭も冴えない。自身の見た目にもコンプレックスがあり猫背でうつむきがちでした。精神的にも良くないと思ってはいましたが、やる気が起きないというのが実際のところでした。

 

苦労したこと・・・

 

服がきつい。眠気・倦怠感があった。なかなか頭が回らない。休日は遅くまで寝ており布団からなかなか抜け出せませんでした。

自分が嫌いで、鏡を見るのも憂鬱な気持ちでした。運動の為に一歩踏み出そうとしても、ジャージを買う事や外に出ることに抵抗感や恐怖を感じ、太っている人が運動している様子をバカにされるのではないかといった被害妄想を抱いていました。

コロナ禍が私を変えてくれた!?

去年の新型コロナウイルス感染症の流行が、私の危機感を後押ししてくれました。自粛要請の為に、会社はリモートになり、ほとんど家から出ないという状況です。もちろん、体重が増えていくのは目に見えてわかりました。「このままでは、いけない!」という思いが強くあったのを覚えています。

新型コロナウイルス感染症の流行があった為、ジムや体育館の利用が不可となり、その為、活動できる場所は必然的に屋外のみとなりました。雨天時は運動ができない為、天候に作用される環境の中で、いかに運動を持続できるかが、習慣化の為のキーになりました。モチベーションがなければ厳しかったと言えます。

運動と食事制限、そして・・・周囲の反応です

ランニングと簡単な食事制限。運動経験は皆無。その為、膝への負担を考慮して、段階的に距離を伸ばしていった。開始当初、走行距離は1.5km程度でダウン。まずは、途中歩いてでもいいので、1.5kmを完走・1か月継続を目標としました。1か月を超えてから、走行距離は3kmに伸びた。見た目や体重の変化はさほどは無く、体重は1kg減量程度。その後3km1か月、以降は4km6kmと走行距離が伸び、最終的には半年継続し体重は7kg減量。ウエストはマイナス15cm。体脂肪率は4%減少。服はガバガバになったがまだぜい肉はあり、自分の中では目ぼしい進歩は無かったな、と反省しました。

食事制限は、夕食を控えめにすることに徹底。炭水化物は抜いています。夜を絶食するのはリバウンドのリスクがあるので、たんぱく質が多いお豆腐やゆで卵、野菜をしっかり食べた。継続できないと意味が無いので、厳しい食事制限はしませんでした。

しかし、周囲からは「痩せた」との声をよくかけられるようになり驚きました。自分の中では、効果が今一つと感じていた顔が小さくなったと声をかけられます。周囲の反応は、私のモチベーションを維持してくれる、とても大きな要素のひとつでした。

ルックス以上に嬉しかった

改善できた事がもうひとつ。悩みであった倦怠感・体力不足の面でした。夜の寝つきがよくなり、少し、自分に自信がついて実感も少しではあるがあります。以前までは、何をしてもすぐに疲れてしまう自分が嫌でしたが、いつでもすぐに動けるようになっています。ウェイトは運動。こまめに動く事。二週間に一度くらいは、好きなものを食べるなど解禁日も作り、無理なく、継続する事を軸に行いました。

 

最終結果は?!

顔が小さくなり、お腹周りのぜい肉が減りました。本当に体力がつき、疲れにくくなり、動くと身体が熱くなります筋肉がついたのか、両腕、両足(太もも、ふくらはぎ)が動くとじわじわする。熟睡できました。朝に早起きできるようになったのは非常に大きな変化です。身体にバネが入ったように動きやすかったり、疲れにくくなりました。都営大江戸線の地下から地上まで階段で登れるようになりました。体重は7kg減量。ウエストはマイナス15cm。体脂肪率は4%減少。朝からすっきり目覚め、頭の回転もよくなった気がします。あまりゴロゴロ寝て過ごすことはなくなり、職場でも自宅でも常に片付け等こまめに動いているような自覚があります。気持ちが前向きになったのも、大きな変化だと感じています。

ダイエットを考えているあなたへ

太っている人。運動不足な人。夏は暑さや湿度で熱中症のリスクがあるので、夏場は夕方を推奨します。効果が出るまでに時間を要する為に、すぐに結果を期待することはやめたほうがいいです。走ることに非常にハードルが高いと感じるかもしれませんが、段階的に取り組むことで体力向上は十分に期待できるでしょう。準備運動を入念に行う・初めは無理をせずに歩くことからでもいいので、外に出る事から始めてみて欲しいです。

時間をかけて運動して身体を作ると、基礎代謝が上がり、リバウンドはしにくいと言われています。無理な食事制限による減量では無く、運動で身体をしっかり作っていけば、少し食べても太りにくく、体調不良にもなりにくい、健康的な体を作る事が可能です。ランニングは、かかるコストも高くありません(ランニングシューズがあれば、既にあるTシャツとジャージ等ですぐに始めることが可能)。手軽に始められ、得られるメリットが多いため、是非とも始めてみて欲しいです。

どうしても自分の意志では、続かないと思った方は、こちらがおすすめです。
【女性専用マンツーマンボディメイクサロンRIZAP WOMAN】

◎全トレーナー・カウンセラーに毎月PCR検査を実施
◎完全個室のマンツーマン指導で『密』を回避
◎店舗内の清掃・換気・消毒を徹底

masa
masa
コロナが良いきっかけになったんですね
masa
masa
少しまとめてみましょう!

まとめ

ダイエットに必要な要素は、運動と食事がとても大事です。

太っていることで、服がきついだけでなく、眠気・倦怠感があって、なかなか頭が回らない状態が続いたり、自分が嫌いで、鏡を見るのも憂鬱な気持ち。運動の為に一歩踏み出そうとしても、ジャージを買う事や外に出ることに抵抗感や恐怖を感じ、太っている人が運動している様子をバカにされるのではないかといった被害妄想を抱いていた彼女が、新型コロナウイルス感染症の流行で変わることができました。

有酸素運動を続けることで、体重が減ってきます。ランニングの距離も少しづつ増やしていけたのは良かったですね。そして食事制限です。炭水化物を減らし、タンパク質や野菜中心の食事をしていました。

そして、大事なのが周りの反応です。「痩せた?」「顔が小さくなった?」「綺麗になった」・・・etc色々な声を聞けると思います。これが、モチベーションの維持になったりして、ダイエットを後押しするんです!痩せたいと思うのは、自分の健康のためではあるのですが、誰かのために痩せるというのも必要なのかもしれませんね。

どうしても自分の意志では、続かないと思った方は、こちらがおすすめです。
【女性専用マンツーマンボディメイクサロンRIZAP WOMAN】

◎全トレーナー・カウンセラーに毎月PCR検査を実施
◎完全個室のマンツーマン指導で『密』を回避
◎店舗内の清掃・換気・消毒を徹底